洗面化粧台の選び方

商品を選ぶ

  • 基本工事費
  • オプション工事費
  • おまとめ割引
  • 洗面リフォーム大阪.comのお約束
あんしん修理サポート

工事完了までの流れ

よくいただく質問

運営会社・スタッフ紹介

 くつろぎホームリフォームメニュー

  • トイレリフォーム・工事専門店
  • ビルトインコンロ大阪.com
  • 給湯器交換大阪.com
  • 蛇口交換大阪.com
  • エコキュート工事専門店
  • IHクッキングヒーター取り付け専門店
  • システムキッチンリフォーム
  • システムバスリフォーム

営業日

休業のお知らせ

受付時間:9時30分~18時
定休日:土日・祝

当店も加盟する優良リフォーム会社のネットワーク

洗面化粧台の選び方

  • どんな洗面化粧台が取り付けられる?
  • 用途に合わせた洗面化粧台の選び方

どんな洗面化粧台が取り付けられる?

まずはどんな洗面化粧台が取り付けられるかチェック!

現在設置してある洗面化粧台の間口をチェック

まずはご自宅に現在設置してある洗面化粧台の間口のサイズを測りましょう。
各メーカーによって様々な洗面化粧台が発売されていますが、基本的な間口のパターンは大体決まっています。
既存の洗面化粧台と同じ寸法・間口の洗面化粧台を選ぶことがほとんどです。

CHECK 1  幅×奥行き×高さ

既存の洗面台の幅と奥行きと高さを計測しましょう。
化粧台上部に吊戸棚が付いている場合にはその高さも測ってください。
また上下左右にスペースがある場合も計測します。
左右にスペースがあれば既存の洗面台よりも大きなサイズの洗面台を
設置することができる場合があります。
また、床から台までの高さも測っておきましょう。
化粧台を変更して今までと高さが変わると使いづらくなることがあります。
一般的な幅のサイズは500mm〜1200mmです。
サイズに合った商品を選びます。

CHECK 2  左右の空きスペースの確認

左右の開きスペースがある場合は広い間口の洗面化粧台を
設置することがあります。
サイズの大きな洗面化粧台に変えるとボウルが大きくなったり、
収納が増えたりと、朝夜の洗面室の作業効率が向上します。
左右に余裕がある場合は検討してみましょう。
また、サイズが大きくなると奥行きも長くなることがありますので、
奥行きが長くなっても洗面室に支障が無いか確認しましょう。

CHECK 3  給排水管の確認

化粧台の扉を開けて、壁から排水管の手前までの長さを測ってください。

CHECK 4  給排水管の確認

天井に梁がある場合は吊戸棚が設置できないことがあります。
また、設置位置に窓がある場合も通常の洗面化粧台を取付ると
窓を塞いでしまいます。
正面の窓を活かしたL型の洗面化粧台を選ぶなどしましょう。

CHECK 5  電気コンセントの有無と位置を確認

古い洗面化粧台の場合、電気コンセントが無かったり、
サイズの大きな洗面化粧台を設置するために電気コンセントの移設が
必要なことがあります。
現在の電気コンセントの有無と位置を確認し、コンセントを移設、
親設、又は既存のまま使えるか確認しましょう。

ユニット型かキャビネット型か選ぶ

洗面化粧台は本体のみのユニット型と本体と収納部を組み合わせるキャビネット型があります。
ユニット型の洗面台の多くは600mm、750mm、または900mmサイズで、
これはユニット本体の間口のことを差します。
収納部のキャビネットは150mmから各メーカーによって様々な間口があります。

ユニット型

間口が900mmまでの広さの場合は基本的にユニット型のほうがオススメです。
例えば900mmの場合、600mmの本体ユニット+300mmの収納キャビネットの組み合わせもできますが、
ボウルの大きさや化粧台のスペースが狭くなり使い勝手が悪くなる可能性があります。
既存の洗面化粧台がユニット型の場合、新しく取り付ける洗面化粧台もユニット型にする方がベターです。

ユニット型

ユニット型

キャビネット組み合わせ型

ユニット本体に加えてキャビネットを組み合わせます。
システム洗面化粧台と呼ばれることもあります。
間口が1050mm以上ある場合は本体と収納部を組み合わせて設置することがあります。
洗面室に充分な広さがあるご家庭は既存の
洗面化粧台が既にキャビネット組み合わせ型の場合があります。

ユニット型

ユニット型


あなたにぴったりの洗面化粧台は?

洗面化粧台フローチャート

用途に合わせた洗面化粧台の選び方

洗面化粧台は頻繁に交換する商品ではありませんが、新築後10〜20年経つと本体が劣化したり、ボウルがひび割れたり、
不便に感じるものです。各メーカーによって様々な特徴がある洗面化粧台が発売されています。
ここでは洗面化粧台を変えることによるメリットをお伝えします。

大家族の方には収納が多い洗面化粧台がオススメ

洗面室は何かと物が増えていきます。
歯ブラシやカミソリ、シャンプーや石鹸のストックを仕舞ったりします。特に家族が増えれば増えるほど洗面化粧台の周りには物が溢れてきて、物を置くスペースがなくなっていきます・・・
スライド収納は奥までしっかり収納することができます。3面鏡は鏡の裏に歯ブラシなどの小物を収納できます。洗面化粧台がすっきりすると、毎朝の準備の気分も向上して気持ちの良い1日がスタートできますね。

ユニット型

洗面化粧台でお化粧をする方は3面鏡が便利

洗面室で化粧をされる奥様には3面鏡の洗面化粧台がオススメです。
顔を動かさずにほぼ同時に顔側面や側頭部を見ることが出来ます。

洗髪や洗濯ができる深いボウルタイプ

朝の寝癖直しで頭から水を被ることありませんか?そんな時ボウルが浅いと水が飛んで化粧台がびしょびしょに濡れてしまいます。
ボウルの深いタイプのものやシャワーホース水栓なら洗髪や洗濯が気持ち良くできます。

掃除がらくらく!いつも清潔で快適♪

曇り止め機能のついた鏡やつなぎ目の無いボウル、つまらない排水口など、掃除がラクラクになる小技がたくさんあります。
各メーカーによって様々な特徴があります。

掃除がらくらく!いつも清潔で快適♪

TOTO、リクシル、タカラなどメーカー各社では様々な種類の洗面化粧台が発売されています。
それぞれの商品ごとに異なるカラーや素材のものがあり、ご自分の好きなテイストや色味にあわせることができます。




▲ページの先頭に戻る

洗面台リフォームをご検討中の方は、まずはお見積りをご依頼ください。

商品が未定の場合は、お客様のお宅に設置可能な商品でご要望に合うものを提案いたします。
予算・性能などご希望をお聞かせください。

私たちがお手伝いします!

無料お見積フォームへ

無料お見積フォームへ



洗面化粧台大阪.com トップページへ